EDに進行します

EDに進行します

勃起したときの硬度が男としての力量を決めるわけです

仕事でもひとりでプレゼン資料をまとめている時は集中して作業ができ、資料をまとめることができるはずです。しかし、いざ会議の席で発表となると、緊張のあまり頭が真っ白になって思っていることの半分も言えずに終わってしまう、ということもあります。これは自分の置かれた状況の変化によって、自分の状態が変わってしまうからです。つまり、一人でリラックスしている時は当り前にできることが、相手がいて緊張する状態になることで、本来の力が発揮できなくなってしまうわけで。日頃の練習が大切、と言われるゆえんです。

練習を重ね、自分に浸透させておくことで、本番の緊張状態にあって意識が分散していても、体が動き、練習したことが自然とできる、というわけです。これはセックスでも同じです。後述するテクニックを一人のリラックスしている時にしっかりと身に付けておいてください。そうすることで、いざ本番という時、緊張していても、意識しなくても自然とこのテクニックが使えるようになっているはずです。普段の練習で体に憶えさせることで、本番で緊張していても自然と体が動き、自分本来の力を発揮することができる。これが理想です。スポーツや仕事と同じですね。いざ、性交時に勃起が不十分であったりすると、自分がED(インポテンツ)ではないか?

 

勃起力が不十分な状態での挿入方法を紹介します

エディのそこは、しぼんではいましたがさすが外人というだけあってさほど小さいようには見えませんでした。ミスターハガ。いいかしら?ミツコさんの体に触れてくださいますか?お好きなように胸から下半身までゆっくりと「はーい、少し照明落としますからね。でいいですから。」私はやはり緊張しました。ドクターアキの見ている前で、しかもこのミツコさんのパートナーのいる前で触れと言われたのですから、しかし、診察の一環としてここで動揺を見せてしまってはいけないとプロ根性が湧き出てきました。いたし方ないでしょう。

筋肉の緊張を持続させた状態で使う
セックスのことなど考えられないものです

私はミツコさんの後ろ側に回って、つまりエディとドクターアキからしっかりと見える位置に立ってミツコさんのブラウスを脱がせ始めました。ゆっくりとボタンをはずします。ミツコさんは、うつろに目を閉じています。ふくよかな胸がブラジャーの中に納められていました。チラッとエディの股間を見ると、先ほどより少し大きくなっているようです。私はミツコさんの胸をブラジャーの上から両手で揉みました。

 

筋トレによってテストステロン値を高めることに若干触れてはいる

「いやだよ,どうしてぼくはいつもこんなところに閉じ込められるの。僕ってお外に出ちゃいけないのそれからしばらく僕とご主人様は車に揺られ、とある一軒家に着いた。その日の夜は寝られなかった。他のちんこ達にも会えないし、誰にも構ってもらえないしで寂しい気持ちでいっぱ。ご主人様も、知らないところに来たばかりで、なかった。ごめんね。なんだか混乱してたみたいだった。

でも僕はご主人様に対して何もできでも、病院と違って、ご主人様は広いベッドで寝られて気持ちよさそうだったし、もらえてうれしそうだった。お母さんやお父さんにも優しくして最初は混乱してた僕だったけど、だんだん、ここはいいところだと思い始めた。ちょっと古いおうちだけど安心して寝られる場所があること、あたたかい食べ物があること、そして家族がいることで。僕はちょっと元気になった。お父さんとお風呂に入ったとき、僕の何倍の大きさもあるちんこに会えた。そのちんこに、「お前は俺の子供なんだぞ」と笑いながら言われたが、僕はその言葉の意味がまだわからなかった。