勃起を除くと

勃起を除くと

筋肉ならいくら使っても

いちさんからは、「ごめんなさい」と言われた。俺としたことが、何を先走ってしまったのか、調子に乗ってしまい後悔した。その日の夜ちんこに事情を話したら、ちんこも涙を流し泣いてくれた。高校はいちさんと同じところに入れた。俺の第一志望がこの高校だったのだが、いちさんは俺より勉強ができたので、すべり止めでここを受けていて、運が。く一緒の高校になったのだ。俺はちんこにお礼を言った。

俺はちんこの力を借りてこの高校に受かったと言っても過言ではないからだ。ちんこも、いちさんのことが忘れられないみたいで、授業の時や、学校から帰ってからも受験勉強を一緒にしたのだがちんこもまだ彼女を、いや、まんこちゃんを諦めてはいないようだった。俺はいちさんに。ちんこはいちさんのまんこちゃんに。俺とちんこに言葉はいらなかった。いつしか俺たちは何でも話せる親友になっていた。

 

勃起中枢は男性の性器である陰茎(ペニス)の

勃起とはペニスが通常時に比べて大きく増大し、棒状に隆起する事です。人間の肉体には不思議な事が沢山ありますが中でもペニスの様に大きく形状が変化する部分は他になくそれだけに隆々と勃起したペニスは男性のシンボルと呼ばれるに相応しい特殊な器官です。ペニスの内部はもともと海綿体とよばれる。スポンジの様な構造になっており、そこに血液が染み込む事で勃起状態を維持しやすくなっています。※ここに既にヒントがありますが、構造として「海綿体」「血流」この二つは重要になってきます。

筋肉の特性です
筋肉痛は二週間もすればおさまった

意外と知られていない事実ですが、哺乳類のペニスは骨を内蔵しているものがほとんどです。骨で中を支えずにビンビンにペニスを勃起させる。のは人間ならではなんですね。他の生物に比べても人間の勃起がいかにデリケートか分かりますね。朝立ちや病気などによる勃起を除くと、勃起のきっかけとなる要素は大きく分けて二つあります。ひとつは物理的な刺激、陰茎やその付近あるいは乳首などの性感帯を刺激する事です。

 

筋肉を便宜上二頭筋や三角筋というように一つの

一ラウンド(1セット)と11ラウンド(11セット)はまだまだ上げる余裕があっても、その日の目標回数で止める。三ラウンド(三セット)が勝負である。三ラウンドは上げられるだけ上げるのだ。その日の目標回数が、六、六、六だとしても三ラウンド目に七回上げられれば七回、八回上げられれば八回上げる目標回数の増やし方も順番どおり進める必要は。い。三セット目に八回上げられれば、六、六、七と六、六、八を飛ばして、七、七、七に進めてよい。

回数達成のコツだが、最後の1回を上げられないのに無理に上げようとしてつぶれてはいけない。ベンチプレスを続けていくうちに、バーを押し上げている感覚で、最後にもう一回上げられるかどうかがわかるようにならなければいけ。そしてこの感覚を覚えることが、回数とウエイトを上げていく上でとても重要なのである。だが、この感覚を覚えない人が多い。だから最後の1回がわからなくて、毎回必ずつぶれて終わることになってしまう。